リモートセンシングデータ解析プラットフォーム
- 合成開口レーダー(SAR) -
Sigma-SAR Cloud Platform -SSCP-
Sign in
( Member only )

SSCPの特長

高精度なSARデータ解析をクラウドで手軽に始められます

クラウド環境

解析実行環境やデータ保管場所はすべてクラウド上に用意されています。データ保管やバックアップの心配は無用です。

地図表示

解析結果は地図と重ね合わせて表示されます。直感的に理解しやすく解釈が容易になります。

マルチデバイス対応

いつでも、どこでも、PCだけでなく、スマホや、タブレットからでも解析や結果の閲覧が可能です。

対応データ

JERS-1、ALOS、ALOS-2、RADARSAT,Sentinel-1※など、多彩なセンサーのデータに対応します。対応センサーは順次増えます。

サブスクリプション

用途に合わせたディスク容量やジョブ回数を選んで、月単位で使い始めることができます。

解析結果の活用

解析結果の画像は、他のシステムで利用できるフォーマットへの書き出しができます。(JPEG、PNG、GeoTIFF)

SSCPの操作フロー

[データ登録 → 解析ジョブ登録 → 解析結果確認]の簡単3ステップ

ダッシュボード

Dashboard

衛星データの管理

Data Management

解析ジョブの実行

Analysis Job Management

解析結果の表示・
ダウンロード

Analysis Results Output

仕様

(2019年7月現在)

解析機能
振幅画像生成
SARデータを画像化します
RFノイズ除去
勾配補正
オルソ補正
干渉解析
2時期のデータからその期間の地表変位を検出します
干渉処理
軌道補正
オルソ補正
大気補正
モザイク
SAR画像をつなぎあわせて広域SAR画像を生成します
モザイク処理
時系列モザイク処理
開発中
対応衛星/センサー
JERS-1/SAR
ALOS/PALSAR
ALOS-2/PALSAR-2
RADARSAT-1、RADARSAT-2 近日公開
COSMO-SkyMed 近日公開
TerraSAR-X 近日公開
Sentinel-1 開発中
ASNARO-2 開発中
対応DEM
基盤地図情報 数値標高モデル 10mメッシュ ※1 国土地理院提供
ALOS World 3D - 30m (AW3D30) 第2.2版 ※2 JAXA提供
SRTM3 (90m)
SRTM1 (30m)
上記DEMは当システム内に実装しています。
※1 当システムの作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用しています。(承認番号 令元情使、 第399号)
※2 当システムの作成に当たっては、JAXAが提供するデータセットを使用しています。(宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター ©JAXA)
ご利用条件
推奨稼働環境

FireFox/Safari/Chrome/Edge(最新バージョンの使用を推奨
※ SARデータ解析:Windows 10/Mac OS X/iOS 12/Android 7.0 以上
※ SARデータアップロード:Windows 10/Mac OS X 以上

SARデータ 当システムではSARデータを配布していません。解析用データはご自身でご用意ください。 ご要望に応じてデータの購入代行サービスも行っています。

Sigma-SAR研究所

地球観測センサー「合成開口レーダー(SAR)」データの総合ソリューションをご提供

SARデータ解析のクラウドプラットフォーム"SSCP (Sigma-SAR Cloud Platform)"はSigma-SAR研究所によって開発・運営されています。Sigma-SAR研究所はSAR(合成開口レーダー:Synthetic Aperture Radar)の普及と有効利活用のためのソリューション提供を目的に2018年11月に設立されました。

お問い合わせ

SSCPのご利用申し込み、試用やデモのご依頼、協業のご提案、その他お問い合わせ

 info@sigma-sar.com